タグ:新研究棟 ( 6 ) タグの人気記事
天体観測
超新星爆発(巨大な星が一生を終えるときに起こす大爆発)が、地球から見られる!
とIPMU天文学者が月曜日のTeatimeに盛りあがり、
「じゃあ望遠鏡を買って自分たちで見てみよう」と言っていたのですが、
なんと、本当に、望遠鏡をお買い上げ。
昨日早速IPMUに届きました001.gif
望遠鏡をセットアップする超新星グループ(IPMUでは超新星爆発の研究を専門に行っている研究者のグループがいます)の方々。
天体観測_c0163819_1439284.jpg

そして早速天体観測を行いました。
望遠鏡を使いこなすことに最初少し苦労していたようですが、
皆であれこれ言いながら望遠鏡をいじってる姿はなんだか楽しそうでした。
月や星を見せてもらいましたが、きれいでした!
肝心の超新星は、北斗七星の柄の方にあるということで、多分これがその超新星だろうという星を見せてもらいましたが、結構小さくて、「ん?これかな??」という感じでした。
それでも天体観測したことのない私には貴重な体験になりました。
天体観測_c0163819_14585775.jpg

by fu-miyazoe | 2011-09-15 15:00 | 日常
IPMU研究棟
ジャン!
IPMU研究棟_c0163819_1191675.jpg

先日のblog記事でも書きましたが、IPMU研究棟を設計した大野教授が、2011年日本建築学会賞を受賞されました。そして、先日IPMUの玄関先に、このような記念プレートが付けられました006.gif
せっかくなので、ちょっとだけIPMUの建物内を紹介したいと思います060.gif
IPMU研究棟_c0163819_11205473.jpg

玄関には、IPMUの表札も掛かっています。モダンな感じですね。
この表札のデザインイラストは、建物屋上にあるライトのオブジェ(?)を表しています。
IPMU研究棟_c0163819_1123288.jpg

1階を入ると、右手に大きな大きな黒板が。この黒板の前に、セミナー室が2つあります。たくさん数式が書いてありますね。セミナーで研究が盛り上がって、ここで議論したのでしょう。IPMUにはこのようにたくさんの黒板があちこちにあります。でも、私が知るなかではこの黒板が一番大きいかも。ちなみに、神岡サテライトには、階段にまで特注のホワイトボードが設置してあります!
IPMU研究棟_c0163819_11282024.jpg

3階の交流スペース。節電中です。5階のコピー室からガラスを通して撮ったので、ちょっとかすんでいるかも。午前中なので、まだ人が少なく、ちょっとガランとしています。柱には「宇宙の言葉は数学で書かれている」というガリレオ・ガリレイの古いイタリア語が記してあります。
IPMU研究棟_c0163819_11294574.jpg

5階には秘密の扉(?)があって、そこを出ると、採光のために作られたパティオがあります。そこのタイル。何やら丸いイラストがありますね。クローズアップしてみると・・・
IPMU研究棟_c0163819_11341061.jpg

星座です!これ、ガリレオ・ガリレイが望遠鏡を覗いてスケッチしたスケッチ画なのです。ちなみにこれはオリオン座。かわいいですね。
IPMU研究棟_c0163819_11395284.jpg

最後に。私のデスクがある、図書室内事務室。今が旬の紫陽花が飾られています。同僚が持ってきてくれました!涼しげで、きれいです。
今回紹介できなかったところはまたパート2でご紹介します。
簡単なラボツアーの巻でした001.gif
by fu-miyazoe | 2011-06-22 11:42 | 日常
撮影
以前のブログにも書きましたが、現在IPMUのPRビデオを制作中です!
機構長がちょうど日本にいる時期を狙って、オープニングやエンディングの撮影を行いました。
梅雨の時期だというのに、この日は運良く晴れて、すごくきれいな夕焼けが。
夕暮れからだんだん暗くなり、光が灯されて夜景へと変化していく時間・・・マジックタイムと呼ぶそうです・・・に撮影することができました。
撮影_c0163819_13243366.jpg
撮影_c0163819_13242121.jpg

by fu-miyazoe | 2010-06-29 13:29 | 日常
オランダ大使館関係者来訪
先日、オランダ大使館の科学担当の方々がIPMUを視察にいらっしゃいました。
IPMUの概要説明のほか、施設をご見学になり、研究者とのティータイムにも参加されました。
ティータイムでは多くの研究者とお話されていました。
オランダ大使館関係者来訪_c0163819_11435441.jpg
オランダ大使館関係者来訪_c0163819_1144697.jpg

タグ:
by fu-miyazoe | 2010-05-17 11:44 | 日常
宇宙は数学の言葉で書かれている
先日、新研究棟の内部見学に参加してきました。
以前入ったときとだいぶ様子が変わり、暖房やトイレはすでに機能していて、
完成間近、といった感じです。
あとは什器が入ったらまた雰囲気が変わるのでしょう。
設計は東京大学大学院新領域創成科学研究科の大野秀敏先生が担当されています。
ほかの柏の研究棟と違い、屋上緑化が進んでいたり、吹き抜けの交流スペースが設けてあったり、ガラス張りのセミナー室があったりと、かなり個性的です。
また、タイルや壁の色など様々な細部のデザインがとても凝っています。

宇宙は数学の言葉で書かれている_c0163819_11522952.jpgところで、交流スペースには「universo é scritto in lingua matematica」と書かれた柱が中央に立っています。
これは、古いイタリア語で「宇宙は数学の言葉で書かれている」という意味だそう。
この言葉は、今年世界天文年ということで再注目されていたガリレオ・ガリレイの言葉で、IPMUの研究の基礎となっています。
それはHPの機構長のページに詳しく書かれているので、ご覧ください。→http://www.ipmu.jp/ja/node/211
22日には鍵の引き渡しのセレモニーがあります!
by fu-miyazoe | 2009-12-18 11:53 | 日常
工事現場の中へ潜入
先日、PRビデオの作成を依頼している岩波映像さんにIPMU新研究棟の内部の撮影をお願いし、
一緒に工事現場に入る機会を得ました。
工事現場に入るのは初めてでちょっとドキドキしましたが、
現場の皆さんが一生懸命建物を作っている様子を間近で見ることができ、
とても面白い経験でした。
工事現場の中へ潜入_c0163819_92205.jpg
工事現場の中へ潜入_c0163819_9221072.jpg

研究棟の完成が楽しみです。
by fu-miyazoe | 2009-05-27 09:22 | 日常