タグ:サイエンスカフェ ( 6 ) タグの人気記事
サイエンスカフェ2013 第2回@多摩六都科学館
6月22日の土曜日に、多摩六都科学館さんと共催のサイエンスカフェ宇宙2013の
第二回が開催されました。
今回も前回に引き続き高校生や中学生を含め多くの方にご来場いただきました。
ご来場いただいたみなさん、有難うございました!!

今回のスピーカーはKavli IPMUの数学者、特任准教授の戸田幸伸さんです。
”数学・物理学・天文学が連携し宇宙の謎に迫る”Kavli IPMUですが、
実際、数学がどのように宇宙の謎を解く事に役立っているのかという
イメージはなかなか皆さんに伝わっていないのでは?という事で、
多摩六都科学館でのサイエンスカフェでは一昨年から数学者にも
スピーカーとして登場してもらい、今年は数学シリーズの第3弾で
『宇宙の幾何学と対称性』と題したトークとなりました。

ほぼ満員の会場で戸田さんはまずは”幾何学とは?”という基本の説明から始め、
後半は超弦理論などの理論物理学において幾何学が果たす役割について話しました。
カラビ・ヤウ多様体、圏論的ミラー対称性予想など、次々と飛び出す
キーワードに真剣なまなざしでメモをとる参加者の皆さんが印象的でした。
サイエンスカフェ2013 第2回@多摩六都科学館_c0163819_16392729.jpg


またトーク終了後も戸田さんの周りには高校生を始め、多くの方たちがあつまり
戸田さんに質問をぶつけていました。
サイエンスカフェ2013 第2回@多摩六都科学館_c0163819_16395665.jpg

質問コーナーでは見学に来ていたKavli IPMUの数学者、土岡さんも飛び入り参加。
高校生の質問に答えてくれました。

”数学”は基礎科学中の基礎なのですが、”数学アレルギー”の方も多く、その魅力を
伝えるのはなかなか難しいなか、今回の戸田さんのお話には来場者の皆さんからも
「すごく勉強になった」とか「興味を持った」という言葉をいただけました。

たった1時間30分のサイエンスカフェで、すべてを理解するのは難しいかもしれません。
けれども”聞いたことはあるけれど全くわからなかった” が ”ちょっとわかったかも”
になる体験や、一つでも新しい興味の対象を見つけていただければと思っています。

今年の多摩六都館でのサイエンスカフェはいよいよ今週末、7月6日(土)で最終回です。
七夕前日でもあるこの日はKavli IPMU特任准教授の前田啓一さんによる
超新星のお話です。
すでに申し込みは満員御礼で締切となっていますが、来場される方はお楽しみに003.gif
by fu-miyazoe | 2013-07-02 17:11
サイエンスカフェ2013@多摩六都科学館
引き続き更新が追いついていないブログですが008.gif
今回は先週末、6月15日に行われた「サイエンスカフェ宇宙2013」
のご報告です。
不安定なお天気の中、ご来場いただいたみなさん、有難うございました!

今年で5年目になる多摩六都科学館さんと共催のサイエンスカフェ。
すっかり恒例行事になって常連の方のお姿もちらほら。

6月15日、第1回の講師は、理化学研究所主任研究員の初田哲男さん。
理研では初田量子ハドロン物理学研究室とともに今年四月に立ち上げた
理論研究グループiTHESも率いていらっしゃいます。
そしてKavli IPMUの客員上級科学研究員も兼任していただいていることから
今回の講師をお願いしました。

ちなみに初田さんは2007年にiPS細胞の山中伸弥さんの研究などと並び
「Nature」誌のハイライトに選ばれる素晴らしい成果を残されています。
この研究についてはKavli IPMU主任研究員大栗博司さんの近著
「強い力と弱い力」
にも取り上げられていますので、今回のお話を聞き逃した方、
さらに興味を持たれて勉強されたい方にもおすすめです!


今回のサイエンスカフェでは「物質の構造:クォークの世界」というタイトルで
まず物理学とはどのような学問なのか?そして物質とは何なのか?という
根源的な内容から始まりました。
ヒッグス粒子などのホットなトピックや初田さんが取り組んできた研究について、
そして物質の最小単位から壮大な宇宙の謎まで次々と興味深い話が続きます。

サイエンスカフェ2013@多摩六都科学館_c0163819_947527.jpg
写真は高校生からの質問に答える初田さん

私たちKavli IPMUメンバーは客員研究員の初田さんとは普段お会いする機会が
ほとんどなく、講義を聞くのは初めてだったのですが、初田さんの関西弁での
親しみやすいお話に、笑いも絶えずとても和やかなサイエンスカフェとなりました。、

最後のクイズコーナーでは、全問正解者に理化学研究所からとKavli IPMUからの
お土産をお渡ししました。
正解者続出で景品が足りなくなるのではと少し焦ってしまうくらいでしたが
最後の難問でなんとか無事正解者全員にお土産をお渡しできました。
お土産セットの写真を撮影するのをすっかり撮影を忘れてしまい、反省しきりですが、
理研さんからは仁科加速器センターバッグや核図表ポスターなど担当者も「欲しい!」
ものをご提供いただきました。
お土産を受け取られた方、是非大切に使ってくださいね!

という事で、今年第1回目のサイエンスカフェは盛況のうち無事終了しました。

次回のサイエンスカフェは今週、6月22日です。
こちらは残念ながら既に申し込みは締め切っているのですが、
七夕前日、7月6日のサイエンスカフェはまだ申込み受付中です。
ホームページをご覧の上、お申込みお待ちしています!!











サイエンスカフェ2013@多摩六都科学館_c0163819_947527.jpg
by fu-miyazoe | 2013-06-17 18:46 | イベント
9月8日サイエンスカフェFinal@多摩六都科学館
ご報告が遅くなってしまいましたが008.gif、今月9月8日の土曜日に今年の多摩六都科学館でのサイエンスカフェ最終回も大盛況のうち、無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆さん、どうもありがとうございました!!!016.gif

昨年のサイエンスカフェの数学(ガロア理論)が大好評だったという事で、今年も3回シリーズのうち1回を数学の講義にということで、カブリIPMU助教の阿部知行さんが講師として登場しました。
今回のタイトルは「図形から語る数学の世界~不思議な3つのラングランズを巡って~」。
前回までの宇宙の話よりも敷居が高いように感じる方の多い数学ゆえ、講義を聞くだけではなく、参加者のみなさんに実際に計算をして自分で考えていただき”参加する”サイエンスカフェ本来の姿が感じられる楽しい回となりました。

9月8日サイエンスカフェFinal@多摩六都科学館_c0163819_1759790.jpg
問題を解く参加者の方とそれを見守る阿部さん(右端)

ちなみにこのブログで過去に取り上げたことのある土屋さんをはじめ、カブリIPMUにもユニークな数学者はいますが、今回阿部さんが話題にした数学者”アレクサンダ-・グロタンディークさん”の奇人ぶりには仰天しました。
代数幾何で素晴らしい業績を残していてフィールズ賞受賞者でもあるのですが、所属していたフランス高等科学研究所(IHES)に自らの思想に反するところからの寄付があったことでIHESを辞職した上に、数学からも離れてしまってピレネー山脈の山奥で隠遁生活を送っているとか・・・・。
ちなみにこのグロタンディークさんの代数幾何学原論(EGA)と代数幾何学セミナー(SGA)はフランス語。
両方合わせると8000ページぐらいあるそうなのですが、阿部さんは原著(もちろんフランス語)で全て読んだとのことです・・・。

今回終了後に会場で何名かの方にお話を伺ったのですが、今回は山梨県から来ていただいた数学好きの中学生の方の「わからなかったけど、楽しかった!!」という感想がとても印象に残っています。
中高生の理科・理系離れが言われて久しいですが、「わからない」→「興味がない」となるところを、最先端の研究者が”なんだかわからない難しい”ことを夢中になって研究している姿を見ることによって「なんだかわからないけど面白そう!もっと知りたい!」と数学や理科に興味を持ってもらえる機会を提供する場をつくれればと思っているのですが、今回も若手の研究者である阿部さんの数学や自分の研究についての率直な話で、参加者の皆さんに数学を身近に感じていただくと共に、”数学”にかける数学者の熱意を感じていただけた大成功の回になりました。


多摩六都科学館でのサイエンスカフェは来年以降も継続して行う予定です。
今年3回のサイエンスカフェ、それぞれにご来場いただいた皆様、ご来場ありがとうございました!
またアンケートへのご回答にもカブリIPMUスタッフ一同大変感謝しています。
毎回熱心に書いてくださるアンケートには全て目を通させていただき、次回以降の参考にさせていただいています。
今後とも皆さんに科学の楽しさを伝えられる”カフェ”をはじめとしたイベントを開催していきますのでお楽しみに!!
by fu-miyazoe | 2012-09-25 18:12
7月7日七夕サイエンスカフェ@多摩六都科学館
今年2回目のサイエンスカフェが先週土曜日に無事終了しました。
ご来場いただいたみなさまどうもありがとうございました!!

今回はサイエンスカフェをプラネタリウムで行うという初めての試み。
第一部をプラネタリウムで、第二部は場所を移してカフェ形式での質疑応答
というスタイルで開催しました。

Kavli IPMU上級科学研究員の吉田直紀さんによる講演のタイトルは
「宇宙が光で満たされるまで」
まずは七夕らしく天の川銀河のお話から始まりました。
この日は七夕にも関わらずあいにくの空模様だったのですが、
日本で4番目、関東では最大のドームサイズの多摩六都科学館のプラネタリウムに
映し出される天の川銀河はとても迫力がありました。
一般の方対象(どころか幼稚園児に向けても!)の講演にも慣れている吉田さんゆえ
暗黒物質やファーストスターなどの専門的な話も、とてもわかりやすく解説してくれたので、
メモをとりながら熱心に聞き入っている方も大勢いらっしゃいました。

プラネタリウムの講演に続いては、場所を移してのサイエンスカフェ!
夕餉の時間も近い18時過ぎゆえ、「プラネタリウムが終わった後は帰られる方も
いらっしゃるかも....」という担当者の読みはみごとに外れ、
急きょパイプ椅子を準備するなど嬉しい悲鳴。
多少込み合ってしまい、息苦しく感じた方もいらっしゃったと思いますが、
何とか皆さんに座っていただくことができました。

質疑応答は”付箋紙に書いていただいた質問に吉田さんが答える”
というスタイルで行ったのですが、次々と解説を加えながら吉田さんが
答えていく様子はさながら”宇宙なんでも相談室”状態です。003.gif
付箋紙には書けないような専門的な質問をじっくりしたかったという
ご希望もあったとは思いますが、今回は人数が多いサイエンスカフェだったため
「質問はしたいけれど、大勢の前で手を上げるのは恥ずかしいなぁ・・・」
という方の質問にもお答えできていたらいいなぁと思っています。



7月7日七夕サイエンスカフェ@多摩六都科学館_c0163819_1647435.jpg

満席の会場で質問に答える吉田さん


次回のサイエンスカフェは数学がテーマ。
夏休み明けの9月8日(土)の開催です。
応募の締め切りは8月20日。
多摩六都科学館のHPをご覧の上の上のご応募お待ちしています!
by fu-miyazoe | 2012-07-10 16:55
6月30日サイエンスカフェ@多摩六都科学館
先週土曜日、6月30日に今年の多摩六都科学館でのサイエンスカフェ第1回が大盛況のうち、無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆さん、どうもありがとうございました!!!

今回の講師は日本天文学会の理事長で、今年からは法政大学の教授として理工学部創生科学科で教鞭をとっていらっしゃる岡村定矩さんです。
なぜカブリIPMUのサイエンスカフェに法政大学の先生が?と思われた方にお答えします。 
岡村さんは今年3月まで”東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構”の”国際高等研究所”の所長をされていたという事で、カブリIPMUには大変ご縁のある方なのです072.gif

今回のタイトルは「バリオンの宇宙」ちょっと難しそう・・・?と思っていた方も、岡村さんの「難しいタイトルをつけていると皆さんが興味を持ってくれるので・・・」との発言で会場に笑いが広がり、和やかな雰囲気で今年のサイエンスカフェが始まりました。

岡村さんの講演はとてもわかりやすく人気があると以前から聞いていたのですが、担当者自身実際に聴講するのは初めてなので楽しみにしていました。

このところ宇宙と言えばかならず話題に上る”はやぶさ”、”小惑星いとかわ”やISS(国際宇宙ステーション)などの飛行している場所についての解説や、実際に用意したピンポン玉を太陽にみたてて太陽系から系外宇宙までの広さをイメージしてみたりのお話に、自分の頭の中にどんどん宇宙の広さのイメージがわいてきます。


サイエンスカフェですから、話を聞いているだけではなく、いろいろ考えて”参加”していただきたいという事でクイズのコーナーなどもありました。
6月30日サイエンスカフェ@多摩六都科学館_c0163819_11553196.jpg

クイズ回答札を掲げる参加者の皆さん


また、各コーナーの合間には質問コーナーを設け、気軽にQ&Aを行いました。
みなさんの熱心な質問に丁寧に答えるあまり、実は時間が足りなくなって、最後少しスライドを飛ばす羽目になるハプニングもあったのですが・・・・037.gif
6月30日サイエンスカフェ@多摩六都科学館_c0163819_11573218.jpg

ニコニコと質問に答える岡村さん


そうそう!岡村さんが天文に興味がある方に強力におすすめしていたものがあります。
それは
「一家に一枚宇宙図」です。
気軽にダウンロードできるようですので、ぜひご覧いただければと思います。


次回のサイエンスカフェは今週土曜の7月7日。このブログを読んでいただいている方にはおなじみの(?)吉田直紀さんが登場です。
プラネタリウムを使っての少し変則的なサイエンスカフェですが、その分迫力のある映像を楽しむことができます。(昨日リハーサルをのぞいてきましたが仕事を忘れ思わずボーっと美しい映像を眺めてしまいました・・・)
若干名でしたらまだお席がご用意できますので、「なんだか楽しそう!」と思っていただけたら前回のブログ記事をご覧の上、7月6日までにご応募ください。

また9月のサイエンスカフェは今回と同じくカフェ形式で行います。「サイエンスカフェを体験してみたい!」という方は9月の阿部知行さんのサイエンスカフェ(多摩六都科学館で応募受付中です)にお越しください。
by fu-miyazoe | 2012-07-03 14:06 | イベント
今年のサイエンスカフェのお知らせです
西東京市の多摩六都科学館との共催で毎年お送りしているサイエンスカフェ。
Kavli IPMUオフィシャルHPではすでにお知らせをしていますが、
いよいよ今年も6月30日から始まります。
6月30日の初回は今年の3月で東大国際高等研究所所長の職を退かれ法政大学教授になられた岡村定矩さんのサンエンスカフェをお届けします。
アットホームな雰囲気で気軽に宇宙について話し合える場になるよう、多摩六都科学館の皆さんと一緒に鋭意準備中ですので、参加されるご予定の方はお楽しみに!

なお今年のサイエンスカフェは変則スケジュールで6月、7月と9月に各一回ごとの開催になります。
応募方法も例年と変わり、多摩六都科学館への往復はがきでの応募となっています。
 ※第1回と第2回のはがき応募は締め切りました。
詳細はKavli IPMUのHPや多摩六都科学館のHPでのご確認をお願いしたいと思いますが、072.gifここで一つお知らせです!072.gif

すでにはがきの受け付けが終了している第二回 7月7日(七夕072.gifイベントの追加募集をさせていただきます。
Kavli IPMU上級科学研究員の吉田直紀さんを講師に迎えて開催するこの会は、多摩六都科学館のプラネタリウムを使ってのサイエンスカフェとなっています。七夕の夜に国内最大級のプラネタリウムドームに投影された映像をみながら宇宙に思いをはせてみませんか?
今回の追加募集は20-30名と人数が限られていますので、先着順での受付けとなります。
参加を希望される方は下記の要領で電子メールにてお申込みください


→追加募集は終了いたしました。お申込み有難うございました。



★★★イベント概要★★★
「サイエンスカフェ2012~数学と物理で宇宙を探る~」
          
第1回
日時:2012年6月30日(土) 14時~16時
「バリオンの宇宙」 
講師:岡村定矩(法政大学理工学部創生科学科教授、日本天文学会理事長)
申込み締切:受け付けは終了しています。

          

第2回 
日時:2012年7月7日(土) 17時~19時
「宇宙が光で満たされるまで」 
講師:吉田直紀(東京大学大学院理学系研究科教授、カブリ数物連携宇宙研究機構上級科学研究員)
申込み締切:電子メールでの追加募集中です。満席になり次第終了!

           

第3回 
日時:2012年9月8日(土) 14時~16時
「図形から語る数学の世界~不思議な3つのラングランズを巡って~」 講師:阿部知行(東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構特任助教)
申込み締切:2012年8月21日⇒多摩六都科学館のHPで応募方法をご確認の上往復はがきでお申込みください。
by fu-miyazoe | 2012-06-22 15:56 | イベント